スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
美しい渓谷との調和【Awang-Awang】5ベッドルーム
次回に続いて

【Awang Awang】5ベッドルームの館へご案内


ヴィラの前には小さな庭と素朴な手作りの椅子

IMG_6356 (450x338)

ここが【5ベッドルーム・ヴィラ】の入り口  

IMG_6357 (450x338)


IMG_6359 (450x338)

わあ~~広いリビング
突き抜けたバルコニーからは渓谷が広がっています

4ベッドヴィラのリビング
アンティックな調度品はちょっと昔の王様の館を感じさせられます

バルコニーから玄関を写しました

4ベッドリビングマイ写真


4ベッドヴィラのベッド

リビングをは挟んでこの階に独立したベッドルームが3部屋

4ベッド室内&ベッド


4ベッド室内リビング

結構広いしどの部屋にもバス、トイレがついています

4ベッド室内

階段を降りるとこちらも広いリビングとキッチン

4ベッドヴィラのキッチン&リビング

IMG_6364 (450x338)

欲しいところにちゃんとくつろぎの椅子がセッティング

4ベッドヴィラバルkにー

奥に見えるのがベッドルーム

下の階にはまた部屋がふたつあります

どの部屋からも渓谷が眺められます

4ベッドヴィラインテリア

IMG_6367 (450x338)

リビングを挟んでもうひとつの部屋です

4ベッドヴィラプール

バルコニーの下にはこのヴィラのプライベートプールが

IMG_6369 (450x338)

バルコニーから渓谷を眺め、
空気の匂いをかぎ、やわらかな風の音につつまれる
この空間に身をゆだねていると

谷の底からも緑の木々の奥からも
たくさんの精霊の気配を感じるのです

好きですね~~この場所

それにこのヴィラそう高くないんですよ。

4ベッドヴィラバルコニー&椅子




ウブドの緑濃き渓谷を眺めると
ウブドが私を導いた意味を感じずにはいられません

そのずーとずーと前、ウブドのホテルに始めて滞在するとき

クタ方面からウブドへ向う夜の道

真っ暗で辺りがどうなっているのか分からないなかを車が走ります

道端に溢れるように延々と並ぶ石像を眺め
田んぼの中にポツンポツンと小さな明かりを灯す民家を眺めていると

タイムスリップしたような
幻想的な世界にわくわくしたものです

1時間あまりでホテルに到着


車を降りると、暗さの中から
立ち込める雨上がりの土の匂い
苔むしたような石や深い緑の木々の匂い

カエルや虫の声
そして得体の知れない様々な生き物の息遣い


そんなウブドの濃密な闇に包まれると
なぜかずーとずーと昔からここへやってくる事を
何かが導いてくれたような気がしました

暗すぎるホテルの中
部屋のバルコニーからもあたりの景色は何も見えない
やわらかな月の光と満天の星だけ

手探りでベッドにもぐりこんで迎えた朝

バルコニーから飛び込んできた渓谷の緑と霧
絶妙な美しさで描かれた絵画の世界

IMG_6362 (450x338)


あの感動は今もこのような渓谷を眺めると
蘇ってきます

自然も人も、そしてあらゆる生き物が優しい世界

それがバリなんだなあ~~
ウブドなんだなあ~~




Awang Awangからの帰り道、田園の向こうに霊峰「アグン山」の姿がくっきりとアグン田園

【2012/03/27 18:38】 | 未分類 | コメント(2)
<<ラマヤーナ・デパートの”おもちゃ屋のおっちゃん” | ホーム | 最高に好きなヴィラ【AwangAwang】>>
コメント
いつ子さん、こんにちは♪

最近のウブドの渋滞に辟易していて、
ウブド滞在はなしでもいいかなぁと思うこの頃でしたが、
今回のいつ子さんの言葉を読んでいたら
無性にウブドが恋しくなりました。
初めてウブドに行って感激した時のことを
思い出しました。
あぁぁぁ、バリに行きたいよう!

【2012/03/28 09:42】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 こんにちわ~~お元気でした?

そうですね~~最近のウブドの喧騒にはうんざりしていても
泊まる所を少し山手に行けば
昔の変わらないウブドがありますね。

レストランとか買い物とかはやっぱりウブドにいると便利だし、
それはそれで楽しめますし…
マチコさん、やっぱりウブドに滞在してくださいね。
ブログから行きたくなって下さって、本望だわ♪
【2012/03/28 16:27】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。