スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
バリに溶け込む…地元の人との交流の場【ワルン】
なんかワルンの話をすると止まらなくって
”ワルンのはしご巡り”を続けてご紹介~~

【バビグリンのイブオカ】で食べた

ご近所ワルンのミゴレンがおいしかったので
今度はデサと一緒に買いに行きました

JL.Raya PengosekanからTegasへ向って
Jl.Agung Mandaを通っていくと小さなワルンがあります

ミゴレン看板
 ”Warung SEDERHANA”

やっぱり美味しいものを出す店はいつも地元の人で賑わっています



ミゴレンワルン2

しかしこういう流行っている店の人は無駄口もなく、よう動かはります

手際もよく、動きに無駄がないんですね

ミゴレンのそば
いつもミゴレンのソバって、なんでくりくりしてるのかっと思ってたら
どこでもこんな「乾燥ソバ」を使うからなんですね。

そらそうやね、暑い国では生のソバは管理が大変やしね。

作り方を覗いて見ました

ミゴレン作る


いっぺんに具を全部まとめて入れて、
香辛料も最初から全部入れて味を馴染ませて
一気に炒めるんです


ミゴレン作る2

ミゴレン作る4

はい、おいしそうなミゴレンができあがってきました




ついてにもうひとつ
最近お気に入りのワルンを

日本へ帰る時、皆とここで食べてから空港へ向かう事が多くなったほど
マス村にある、美味しくって安いバーベキューのワルン

アヤム(鶏)やバビ(豚)やイカン(魚)を炭火を使って焼くからとてもおいしい

【Gurihan BARBEQUE】

190 (450x338)


結構広くて清潔な感じ

191 (450x338)
 地元の人たちがニコニコして話しかけてきてくれるのも
ワルンならではの温かい雰囲気があります

バリでは人と人が出会うと、すぐに仲良くしゃべりますから、

「友達?知り合い?」と尋ねると

「いえ、今始めてしゃべりました」

「あの人はこの村の人で、仕事は○○で、あの人の弟さんは
デンパサールの電気屋で働いていて…」
など一瞬にして情報を得てきますすから、すごい!

みんなすぐ友達になるんですね…いいなあ~~こんなのんって

196 (450x338)

店の前ではいつも、もくもくアヤムやイカンを焼く煙と
甘い醤油の香ばしい匂いが充満して食欲をそそります

205 (350x263)
     この人店主 …すぐ私たちのテーブルの側へ来て話しかけてきはります


      
      この人奥さん…やっぱり女性の方がよう働かはります
207 (350x263)
     

豚の骨付きスペアーリブは、旅行者用のレストランなら
Rp.6~80,000 (約6~800円)しますが

ここではRp.25,000 安いでしょ! 

でも、ちょっと小ぶり

しかも脂っこいから私は避けます。

お気に入りは「Ayam Teriyaki…チキンの照り焼き」Teriyakiはこっちでも日本語がそのまま

SukiyakiとかYakinikuとかSushiみたいにレストランのメニューでよく見かけますが

こんなワルンでも使われているのにはやはり日本人としては嬉しかな~~

店の人にも「どれがおいしい?」と聞いたら

「日本人はTeriyakiをよく食べます」ってお奨めしてくれるもんですから

ちょっと醤油からい感がなくもないけど、おいしいし

青菜炒め(カンクン)もご飯も甘みがあって美味しかった

194 (263x350)


メニューには

BBQ CHIKIN Rp.10,000
TERIYAKI CHIKIN Rp.15,000  

それから
スペーリブ    Rp.20,000
ご飯       Rp.2,000 なんとご飯は20円
カンクン(青菜のいため物)Rp.3,000


毎日こんなのを食べていたら、お金なくってもバリでも生きていけるかも~~

でも栄養が偏って、味が濃すぎるから…それが問題


206 (450x338)


しかしこの偏った食事で
この人たち、よく病気もせずに元気に暮してるるから
それはそれで、なんとかなるんかな~~

バリの食事を前に、そんなことを考えてしまいます

”食生活は大事”と信じて生きているわたくしですから





【2012/05/09 01:16】 | 未分類 | コメント(2)
<<【シロ】を偲んで…番犬が欲しいけど~~ | ホーム | 「イブオカ」で持ち込みミゴレン、ワルンは気楽でいいね>>
コメント
私もワヤンのオススメで、年末に「照焼きとBBQとカンクン炒めとエビ」を食べました。どれも美味しかったです
。お店もキレイで広いし、安くて、美味しいから次回も連れて行ってね~ ワヤンよろしくね~(^-^)/ 逸子さんも一緒にお食事したいですね~ ( ^ ^ )/□
【2012/05/10 17:48】 URL | KIYO (*^_^*) #-[ 編集]
★KIYOさん

 1月私の帰国前にこのワルン立ち寄りましたら店主の男性が寄ってきて

「この間ワヤンが日本人の女性二人連れて食べに来たよ」

と意味深に情報を…その時ワヤンはいなくて
デサとデワだけだったので、

「えっ、ワヤンが女性と?!…それ誰?」

とみんなで怪しんでいましたら、

その女性二人は
「KIYO さんとお母さん」と判明!!

今度一緒に食べに行きましょうね♪
【2012/05/10 18:42】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。