スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
その②…悩み多い「ワヤンの結婚」
前回の続きです

彼女が「私できちゃた!を告げたことにうろたえるワヤン

「カディさんのお腹に私の子供ができた…?
それ、信じられなかったんです。
だってねぇ、確か3回位、いや4回だったかな~~?
それだけなのに、なんで?…」


…きっと誰が聞いても
”何寝ぼけたこと言ってるんや!”とお思いでしょうが、
この人かなりウブというか、奥手というか…アホタレというか、
女性にまるでダメな人ですね・・
20070315164331.jpg
↑ワヤンと3番目の「コマンちゃん」


「なんで避妊しなかったの!」

「えっ!?その頃そんな事、ゼェンゼェン気が付かなかったです…」

25歳の男が…絶句!!

私もよくは知りませんが、
バリの男性のタイプは
こういう”ゼェンゼェン”ダメな人か、
ジゴロのように女性を見れば
言葉巧みに擦り寄っていく男性か、
どちらかに分かれるような気がします


それからついでに言っておきますが
私のまわりで結構多いのです
”できちゃった婚”
データーによるとバリ人女性の半分位が
このケースに当てはまるそうですから、
”性”に対しては相当開放的なようです。
…しかし、どうも避妊にたいする認識が、薄いですね
彼らの避妊法を聞いて、ぶったまげましたから…


ワヤンはびっくり!
ワヤンのお父さんも怒るわ、慌てるはで
あれよあれよ、といっている間に、
双方の家で結婚の準備が3日で執り行われました
20070312165016.jpg

↑この新郎はワヤンではなく、ワヤンの弟さん            バリではこのように男性の家で婚礼が執り行われます
 親戚や村人の協力なくては営めません


たった3日間で
両家の話し合い、結納、結婚式というのは
異例の速さです

たった3日だけでバリの複雑な結婚式という形態を全て準備したのは、
それはそれは頭に血が上るほどの大パニックだったと
容易に想像できます

バリでは結婚というのは、本人たちだけの問題ではなく
家族や親戚や村を含む社会から
結婚してやっと一人前と認められます
年頃になって結婚していないと
家族も含め村に対して非常に肩身が狭いのです
20070312164931.jpg
↑村では何かと行事が多い


バリの人達が生活するうえで
この村社会は、家族の絆と同じくらい
死ぬまで離れられない運命共同体なわけですから
結婚して村の組織に入る権利を与えられるということは
とても大事なことなのです


30歳になって恋人もいないのは、
親にとっては、熱が出るほど悩みの種のようですよ~~

本当にバリはこういう時の儀礼やしきたりが結構面倒です20070312164825.jpg
↑ワヤンの親戚


それでワヤンはブツブツ愚痴るわけです

”自分はまだ胸がときめくような恋愛もしていない。
まんまとカディさんの誘惑にそそのかされて
”やっちゃった”そしてお腹に赤ちゃんができてしまった、
3回か4回しかしていないのに~~

はぁ~~なんかねぇ~…などなど

ぐずぐずしている間に、
どんどんお腹は大きくなるし…
それでやっとお父さんに話した”というところから

「えっ?はい、それは怒りましたよ!
<子供ができとるんやったら、結婚しな、しゃ~ないやろう!>と…
それで、バリの暦で良い日を探したら3日後に迫っていたのです…」
…日本でいう大安ですね


「そして、気が付けば私たちは結婚していたのです」

ということでたった3日間
心の準備も、決断もしないまま
ワヤンにすれば、あっという間の出来事だったのでした。

しかも長男の「プトゥ君」が産まれて2週間しかたっていないのに、
さっそく大喧嘩!
奥さんは実家へお帰り~~2週間たっても帰ってこない!

残されたワヤンは赤ちゃんにミルク飲ませたり、
夜中に泣くので、毎晩田んぼの中をあやしながら歩いたそうです

それをいまだに引きずっていて、
どうも納得のいかない結婚だったようです


もう結婚して12年経つけれど…
子供も3人もいるけど…

20070315165339.jpg



ワヤンに何度か
「ワヤンのプライベートだけど書いていい?」
と尋ねましたら

「もし私も文章が書けるなら、
自分の人生の話を書いてみたいと思っていますので、
どうぞ、どうぞ!
そしてもしかして、これを読んだ人の誰かが私に…フフフ」

と、密かに誰かと(あわよくば日本人の女性と)
新しいチャンスを期待しているふしもある…よう

最近”マンクゥ…お坊さん”に占ってもらったら、
『新しい恋はない!』と断言されたとか・・・

絶望的だね!!ハハハ…


いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪







【2007/03/15 17:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<「ニュピ」前夜は悪霊が”うじゃうじゃ” | ホーム | 悩み多い「ワヤンの結婚」>>
コメント
続きをとても楽しみにしていましたよ。
会社で読みながら、上司・Mさんとあれこれ想像してました。
そして最後に2人で首をかしげて話した事。
「奥さんはワヤンさんを手篭め(?)にしてまで結婚したかったのに、どうして家出したり、一ヶ月も口を利かなかったりしちゃうのかなあ?」
何が原因なんでしょうね?
【2007/03/15 21:39】 URL | しゃお #-[ 編集]
☆しゃおさん

 コメントありがとうございます♪
男と女のことは、なかなか難しいです
ワヤンの話しによると、奥さんの奇行に悩まされています
それも書きたいところですが…
Mさんに、ヨロシク!
【2007/03/16 10:52】 URL | しゃおさんへ #-[ 編集]
いつこさんお久しぶり!
いや~とても楽しく、興味深く拝見いたしました。
しゃおとは、第2話がUPされる前には、
続きをあれやこれやと想像して相当に盛り上がりました。いやでもとりあえずやったら子供が出来るということはワヤンさんもわかっていたみたいで安心しました。ハハ
でもひとつだけ、ワヤンさんのお父さんそんなこてこての関西弁はしゃべんないですよね…多分
結構笑えました。
是非次は奥さんの奇行っつうのもお聞きしてみたいです。(ちょっと怖い気もするけど…)
【2007/03/16 19:31】 URL | みどり #-[ 編集]
☆みどりさ~~ん♪

 お久し振りです♪
コメント、嬉しいです
しゃおさんと盛り上がって頂いて…
この記事書くので、ワヤンに「奥さんと二人の写真撮ってきて」と頼んだら
結構気分良く「はいはい!」との返事だったのですが、
翌日、「すいません、写真ありません…
昨日までちょっと仲良かったのですが、
昨日帰ったら、もう仲悪くなっていました…
もう~どうなっているのか分かりません」
としょげていました。
「日替わり定食」みたいにメニューが替わるみたいですよ(笑)
【2007/03/16 22:46】 URL | みどりさんへ #-[ 編集]
ワヤン~~

男としては、かなりかわいそうな話ですね。

今後が悩ましいですね。俺も気をつけないと、
本当に心配になってきました。


夫婦円満 夫婦円満、

けど、ワヤンは責任とってえらいですね。
【2007/03/19 14:57】 URL | ヨシオ #-[ 編集]
☆ヨシオさん

 コメントありがとうございます♪
ワヤン、かわいそう~~でしょ。

奥さんの気分に振り回されてますね。
”ガツン!っと言え!”なんて煽っているんですがね…

ヨシオさんの「俺も気をつけないと、
本当に心配になってきました」…
おっとと…それは十分気をつけてね!
【2007/03/19 18:43】 URL | ヨシオさんへ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/36-978da4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。