スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
生まれ変わる意味を持つ…洞窟寺院【Goa Girl Putri】
ヌサ・ペニダ」に来たら、是非見せたい場所があるんです

この島に訪れる前からニョマンが熱く語っていたのが
この洞窟寺院【Goa Girl Putri

階段を上がった高台に位置するこの寺院は
観光客は全然いないけど、お坊さんがたくさんいました

坊さん達


バリで見かけるお坊さんは、結構歳行ったお爺さんぽい人が多いですが
ここのお坊さんは、みんな背筋が伸びて
若々しいんです

祈り1

私たちはサロン(腰巻)を借りて
洞窟へ入る前に身を清め、この神殿の前で最初の祈りを捧げます

お線香をたいて、その煙でまず身を清め
花びらの入った篭をもらって
指の間に花びらを挟んで5回繰り返して祈ります

祈りが済んだらお坊さんから聖水をかけてもらって、
右手の平に受けた聖水を3度飲みます

そして米粒を額と喉元の下にお米を貼り付け

これがバリヒンズーの祈りの流れです



いざ洞窟へ

洞窟入り口
どひゃ~~こんな狭い入り口をすり抜けて

こりゃ太った人は無理やろう~~

洞窟全貌

驚いた~~
なんと中の広い事
200mもの長さと大きさに圧倒されました

お坊さんの話によりますと、なんでも

その昔々、闘鶏好きの男が
逃げた鶏が、この洞窟の入り口へと入っていを追いかけて

発見したそうです


坊さんと

真っ暗で足元は天井から落ちてくる水滴で
びしゃびしゃとしています
裸足で歩かなければなりません

洞窟の中にもあちこちにお坊さんがいて
説明をしてくれます

遠くに見える小さな岩のようなものを指差して

「あれは、なんだと思いますか?」

と聞かれ、私たちは「う~~ん…なんやろう~~?」

近くに行って見ると
上から落ちてくる水滴で自然に岩が彫られ
なんと「ガネーシャ」が創られたのだ



ガネーシャ

ほう~~そういえば”ガネーシャ”に見える…かも

祭壇

ここでも私たちはお祈りをします
ぬるぬると湿った石の上に座って
花びらを指に挟み祈ります

祈りニョマンたち

不思議な感覚が体の奥からゆっくりと満たしていきます
祈るってこんなに気持ちがいいの?

別になにかを願かけて祈っているわけではないけど
清々しい新しい波動が巡って
このままず~と祈っていたい、そんな気持ちが起こってきました


上から見る祭壇

この上には聖なる水で満たされたちいさな池があります
真っ暗で目をゆっくり凝らさなければ、池があるのがわからないほどです

池
暗くて見えにくいけど…池です

池の水に触ってはダメだそうです

池のすぐ側にも祭壇があって
ここでも祈ります

そして下の祭壇でもまた祈ります

ここで祈った時、私は今までと違った感覚に襲われます
体の中からそして頭の中から今まであった雑念というか
なにかが心を惑わしていた負のものが流れ落ちていくような感覚がありました

おおげさかもしれないけど
曇りのない心の平安に包まれているような
それはそれは気持ちのいいものなんです


ひとつずつのどの祭壇でも
お坊さんがちゃんとお線香と花びらの入った篭をくれます

そして聖水を頭から清めてもらって、
手の平で聖水を3回飲みます

お米を頂き、額と喉元に貼り付けます



洞窟最後

ここで最後の祈りを終えたら
赤と白と黒の糸を縒ってお守りを右手首につけました

お守り


バリ人になったようでとても嬉しかったです

これで最初の洞窟の入り口から数えて
5箇所で丁寧にお祈りさせていただきました

ここが最後の祭壇で、洞穴の終点になりますが
こちらからは出ることができません



もと来た道を洞窟の入り口目指して戻る時
ニョマンが

「祈っている時祭壇のある場所ごとに
体に感じるものが違いましたね

聖水の味も全部違ったでしょ

最後の場所では体がとても重くって…どうしてかな~

でも池のある祭壇では幸せで、いつまででもあの場所に座っていたくなりました」


えっ~~~ニョマンも~~

同じ感覚を感じるなんて不思議です

バリヘ帰ってからワヤンにそのことを告げたら

「あの洞窟の意味はね、
お母さんのお腹の中なんです。
だから生まれ変わるんです。

今までの汚れとか体や心に乗った重いものがなくなって
きれいな体と心になって生まれ変わる場所なんですよ


あの池の側での祈りが平和だったのは
池は母体の”赤ちゃんを守る羊水”なのです。

だから気持ちよくっていつまでもその場所にいたくなるのですよ


そんな素敵な話をしてくれました

また日常の生活に戻ったら何度も起こってくる負のものは避けられないでしょうが

少しの時間でも

恐れも不安も、怒りも妬みなど負の感情がないということは
こんなにも心も体も軽く幸せになるものかを知りました

母の胎内にいる時のような
温かい愛に包まれた安心感
そして人として生まれた意味を知り

この洞窟寺院【Goa Girl Putri】

こんな平和を知りました

絶景2

洞窟から出てきたら陽が傾き
心地よい風がそよぎ少し涼しくなっていました

この美しい絶景を清々しい思いで眺めていました


【2012/08/03 22:31】 | 未分類 | コメント(2)
<<絶景!【ヌサ・ペニダ】極めつけのヴィラ…なんですが~ | ホーム | この島には【ミスティック・ガーデン】があって、逃れられない~~>>
コメント
逸子さま
こんにちは!毎日バタバタと忙しく過ごしています。
年末年始はチケットが今の所一人分しか手配できず、キャンセル待ちをしています。
この冬はひとりでバリを訪れることになるかも知れません。
ヌサ・プニダのこの洞窟を次回是非訪れたいと思います。
またお世話になりますので、よろしくお願いいたします。
【2012/08/29 10:54】 URL | Naoko #SJMMuUIM[ 編集]
★Naokoさん

 お久し振りです。
もうすでにチケット入手困難なのですね。

ヌサペニダの洞窟是非体験してください。
私たちが行った後に行かれた人が
「涙が止まらなかった…悲しいのと違って」

とおっしゃていました。

また連絡待っています♪
【2012/08/29 11:39】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。