スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【崖の下のニョマンの家】は素朴で温かくって…ホロリ~~
素敵な景色の見えるヴィラで泊まるはずの予定が狂ってしまって、
あ~~あ~~残念やな~~心残りやな~~

夕陽の残像で染まったオレンジ色に
黒い闇の空が被さるように覆いだしました



sanset.jpg

ニョマンの運転でレンタル・ベモが
名残惜しいヴィラをあとにして
【ニョマンの家】に向って走り出します

お腹も減ってきたし~~

ヴィラでバーベキューができなかったのは残念やけど、
ニョマンの家でのバーベキューも楽しみです

車は山から曲がりくねった道を下りていきます

辺りはもういつの間にか暗闇の中

空を仰ぎ見ると…


わあ~~星がおおきい!すごい数の星がいつの間にか空を覆っています

ひとつずつが音が聞こえるほど
チカチカ、キラキラ光っているのです


最近バリでも、こんなたくさんの星、こんな大きな星はながく見ていません

この星空を見られただけでも大感激

すごいな~~すごいな~~!

と叫んでいると


ニョマンが真っ暗な道で車を停めて

「すみません。ここらか4分だけ我慢してもらえますか。
ひどいガタガタ道なんです。
すみません」


申し訳なさそうに言います

OKよ

ほんとうにすごいガタガタ道、クネクネ道の連続です。

支えの手すりをしっかり持っていないと振り落とされそうになります

体はピョンピョン、バンバン跳ね上がり振り回され
内臓が上に下に反転と飛び跳ねて、脳天までびっくりしているような道を
降りていきます

外灯はなく車のヘッドライトだけが頼りの灯りです

4分やて~~!もう10分は過ぎてるよ~~

しかしすごい所にあるんやな~~ニョマンの家!

まさに【崖の下のニョマン家…】

最後の最後まで揺られっぱなしで、やっと到着

しかし、ヘッドライトだけでこの真っ暗で細いガタガタ道を
右へ左へ巧みにハンドルきって
さすが”ヌサ・ペニダっ子”安心してられます

「ニョマン運転じょうずやね」…思わず拍手

ニョマン…嬉しそうに
「そうですか~~ありがとうございます。

すみません。でも、すごかったでしょ。
大丈夫ですか?」


とまた謝ってくれます

ティダ・アパアパ!シン・ケンケン!だいじょうぶ!

家斜めから

門をくぐって「こんばんわ~~おじゃましま~~す」

また家の中もとてつもなく暗いです。

私はバリの素朴な民家や
ど田舎の質素な家とか何度か訪問したことがあります。


ヌサペニダの民家を、訪問するのは初めてでしたので
ちょっとわくわくしました

バリの民家やそこに暮す人たちと出会うのが
好きなんです。
なんともいえない懐かしさや、温かさを感じるんです。

ニョマン家入り口

入り口の門を入ったすぐ側の部屋では
ニョマンのお父さんが小さな子供を膝枕で寝かせながら
ポワ~~ンとテレビを見てはりました

この家には、ニョマンの弟さんと奥さん、
子供3人、、そしてニョマンのお父さん、お母さん
合計7人で住んではります。


ニョマン家奥

↑この奥は台所や、弟さん家族の部屋があります
しかし暗いです

鶏もいっぱいいました

虫やカエルの鳴き声、自然の生き物の息遣いが聴こえてきます

出迎え

家の中にひとつ新しくってきれいな部屋があります
私たちはそこで食事をいただくようです            右端にある青い部屋がそうです

かぼちゃ

私が「かぼちゃが好きやし、野菜はかぼちゃがあれば嬉しい~~」と言っていたので、
かぼちゃがどっさり、この白いジャガイモのようなのは
「タピオカ」なんですって。。

淡白なジャガイモのような味がしておいしい!

蒸しただけの簡単調理ですが
素朴な味がたまらなく美味しかったです

スープ

それから魚でダシを取ったスープ

バべキュー

捕れたての大きな魚と
走り回っていた鶏をわざわざさばいて
炭火で焼いてくださったバーベキュー

塩だけで味付けした魚とチキンは
新鮮でとてもとても美味しかったです

それをスパイシーなサンバルでいただきます

晩ご飯

弟さんの、中学生の娘ちゃんが一生懸命手伝ってお料理を運んでくれました


ニョマン家食事
 

ちっちゃいニョマンのお母さんがかわいい声で

「いっぱい食べなさいね」

柱にもたれて、
ゆったり私たちが美味しそうに食べているのを嬉しそうに眺めてはって


私が写真を撮ると

母1

「あかんあかん、こんなきたない服を着てるときに
恥ずかしいやないの。

明日写真撮っておくれ、明日の朝ね。
ちゃ~んときれいな服を着てくるから」


ニョマンが笑って、

「どれがきれいな服でどれが汚い服か、他の人は
わからんわからん、って」
とちゃちゃを入れます。

私たちが今晩ここで泊まると思ってはるみたい


ちょっとポワ~~ンとしたお父さんが
ポワ~~ンと立ってはるので

ニョマン父

「いっしょにご飯食べましょう」と誘ったら

お母さんが

「後で食べるから、いいよ、いいよ!
いっしょは恥ずかしいんよ」


と言われました。

私たちの食事が終わって、残した魚や鶏のバーベキューを

娘ちゃんが下げてくれました

見ると私たちの残したものをご家族が食べてはりました。

思わず手を合わせて”ほんとうにご馳走様でした”


みんなが食べ終わって、ワイワイくつろぎながら
話が弾んでいます。

現地の人たちがリラックスしてしゃべりだすと
私は殆ど話しの内容は理解できません

それでもこうして客人を快く迎えて
わざわざ貴重な鶏をさばいてくれて、
素朴なお料理を恥ずかしそうに出してくれながらも
受け入れてくれるニョマンの家族に、

…敬意と感謝の気持ち…
そんな言葉が薄っぺらい言葉に思え

胸が熱くなりました。


気楽にカメラを向けて写真を撮る自分の行為も恥じていたら

お母さん、私を呼んで

「ねぇ、ここで私の写真撮ってくれくれんかね」

ニョマン母

そのきれいな部屋の前で背筋をピーンと伸ばして
よそいきの顔で立ってはります

この部屋のこの扉が、どうもご自慢のようです


ニョマンが

「わぁ~~緊張しいてる~~緊張してる~~」と嬉しそうに、はやします

年老いた母親を労わる優しい言葉を向ける息子ニョマン

お母さんは12人も子供を産んで
5人も亡くしているんですって

ニョマンの家、家族

私たちの失ったなにか大切なもの
を蘇らせてくれた思いです


ヴィラには泊まれなかったけど、

こんな素晴らしい体験は
滅多にできるものではないですね



【2012/08/17 22:27】 | 未分類 | コメント(4)
<<ニョマンの家から、【SANETON INN HOTEL】へタイムスリップ | ホーム | 絶景!【ヌサ・ペニダ】極めつけのヴィラ…なんですが~>>
コメント
ニョマンのお父さんとお母さん、かわいらしいですね~!!!
きっと自慢の息子さんが連れてくる仕事仲間だから、
息子さんのためにも、大切におもてなししたかったのでしょうネ。
ニョマンもとても恥ずかしがり屋だけれど、素敵な息子さんだわ。
そして、それを見守る逸子さん♪
皆さん、とってもいい感じですよ~。
私も幸せな気持ちになりました。
ありがとうございます♪♪♪
【2012/08/18 21:19】 URL | ダリア #-[ 編集]
★ダリアさん

 なんとステキなコメント!

その場でいっしょに共有して頂いているような
同じ目線でかんじてもらうなんて、
やっぱりダリアさん!

お母さんほんとうに”かわいい”んです。
ニョマンにも「お母さんって、かわいいね」
と言ったら、ニョマンも

「そうなんです、かわいいんです」って。。。。
いとおしそうに、言いました。
【2012/08/18 23:01】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
写真を撮るのが申し訳なくなる様な崇高な空気ってありますよね!すごく大切な気持ちだと思います。お母様が写真をお願いしたのは、
無遠慮にバシャバシャ撮影できなかった逸子さんのあたたかい心が通じたからですね^.^。
【2012/08/25 15:03】 URL | なみヘイ #-[ 編集]
★なみ平さん

 なみ平さん、こんにちは。
そうなんです。写真って、自分にとっていい被写体でも、
カメラ向けられない空気ってありますね


私もいつしか「ブログのために写真撮らなくっちゃあ」そういう強迫観もあって、
ずうずうしい承知で失礼するので反省です。

バリの人でも客を受け入れているようで受け入れていないこともありますから

暫くいっしょにいて心開いてもらったらOKですね。
【2012/08/25 17:33】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。