スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ニョマンの家から、【SANETON INN HOTEL】へタイムスリップ
ニョマンの家での、まったりしたひと時を終えて

ニョマン家食事

 
私たちは、またあのガタガタ道を車の中で
ぴょんぴょん飛び跳ねながら崖を上り、真っ暗な道を
今夜の宿【SANETON INN HOTEL】に向って走ります。

【SANETON INN】の社長のMADE氏が話していた

「ミスティック・ガーデン」の話を思い出しながら

あの社長さん、わたしらを逃がさんようにシールドを張らはんたんやろうか?

まあ、この【SANETON INN】にも泊まらなあかんと思っていたので
それはそれで、まあいいか~~と
網に掛かった魚のように、おとなしく観念!

出迎えた社長のMADE氏、嬉しそうな顔で出迎えてくれて

”やっぱり戻ってきましたか~”のような思いを含んだ笑顔

わたしら、なんとなく気恥ずかしい思いで

「はい、よろしく~~です


ホテル部屋敷地
↑今晩泊まる部屋が並んでいます…なんか学校みたい~

ベッド
今晩はこの部屋でデサと二人で寝ます
(写真は朝に撮ったものです…明るいはずやわ~~)

エアコンが、ガンガンに効いています

お湯もバッチリです


隣の部屋はドラちゃんとニョマン

ドラちゃん、喜んでいるやろうな~~
エアコンとお湯がある部屋で寝るなんて
生まれて初めてだし

ニョマンの家から、タイムスリップして近未来の世界へやってきたようです
100年は飛び越えてきた気分


部屋はとても明るい
テレビも、冷蔵庫もあります

ホテルなら当たり前なのに、妙に感激して、
デサと二人「わあ~~ベッドふわふわ~~!
私はこっちのベッド!」
修学旅行のようにテンションがあがってきます


祈りニョマンたち

洞窟寺院【Goa Girl Putri】でドロドロになった足もきれいに洗えたし

疲れた体をきれいさっぱりしてくれる
やっぱりエアコン、お湯はありがたいなあ~~と生き返る思いです

私は、ちゃんと着替えをそれなりに何枚も持ってきているのに
デサは何も持ってきていません
着の身着のまま…

あっちこっち1日中動き回って、体も服も汚れているし
シャワーした後は、キレイなシャツやパンツに履き替えて寝ないと
気持ち悪いのに、と私たちは思うのに
バリの人は平気みたいです

toilett.jpg


シャワーした後また同じ服を着て、真っ白なシーツの上に
ドーンと寝転ぶデサ

思わず、私の持ってきた新しい着替えを
デサに「これに着替えたら…」と渡します



「家でも1日中着ていた服のまま寝ることしょっちゅうだし、
いいのに~~」
と言うデサに

なんか、私が、すっきりさっぱりしたいから
「着替えた方が気持ちいいよ」と押し付けるんですね

(本人が”平気だ”って言ってるんだから
好きにさせればいいのにね…)

自然がいい!素朴がいい!シンプルがいい!と言いながらも
もう私たちは、きれいなこと、清潔な事に慣れてしまってるし
お湯のない生活、電気も最低限必要だし、水だって川から汲んでくる労働なんか
無理なんかもしれないな~~
病気になったら、信頼のおける医者にかかりたいし…

これけっこう”私の課題



ベッドの横になった途端バタンキューでよく寝て

ホテル部屋


たくさんの小鳥のさえずり、差し込む日の光に起こされて
快適な目覚めの朝を迎えました



ホテルロビー
 
このホテルの良さですね~~
部屋が並んでいる並ぶスペースの割り敷地が広いのが
とても開放的で気持ちいです



朝食を食べにレストランへ

restoran.jpg

宿泊客結構いてはるんや~~

デサもドラちゃんもあまり寝られなかったそうです

真っ白なシーツとふわふわベッドは緊張したみたい(クスクス)

dpra.jpg

それでもドラちゃん
お湯でシャワーをして、きれいな部屋で寝たせいか
旅を楽しめているせいか
いつもよりきれいな顔をしていますね

朝ごはん

朝食のこのパンは
ウブドのカキャンで買ってきた食パンです

山の上のヴィラで泊まるはずだったので、
朝食は用意されているかどうかが、わからなかったので
なかったら困るので買って持ってきたものですが

また持って帰るのもなんなので、ここでトーストしてもらいました



デサ砂糖



デサが
コーヒーに付いてきたポケットシュガーに目の色変えて
「子供にお土産ができた~~」と大喜びでカバンに入れます


前にデサが子供にあげたら、
砂糖が、こんな小さくって、きれいな袋に入っているのが珍しく
子供が大喜びして、袋の中の砂糖を食べたみたいです

なんか終戦後の日本の子供のようです…ね

いじらしいなあ~~


大きな魚を持って女性がレストランに売りにやってきました

魚

それにしてもごっつい魚じゃの~~

のどかで穏やかな朝を過ごします

バリへ戻る前にもう一箇所

最後の目的地に向って出発



hote1.jpg




【2012/08/24 22:20】 | 未分類 | コメント(0)
<<旅の終わりに…水のきれいなきれいな「クリスタル・ベイ」で魚と泳ぐ | ホーム | 【崖の下のニョマンの家】は素朴で温かくって…ホロリ~~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。