スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
懐かしさと温かさに包まれる、癒しの館…【カエルのお家】
【カエルのお家の中を見せてもらって、

”うらやましい~~”は更にヒートアップ



バルコニー

このバルコニー…なんてステキ!

自然の音と柔らかな風を身にまとって本を読む

気の置けない友人と静かにおしゃべりをする

そんな時間を持ちたくなるバルコニー

この空間、完璧虜になりました!


洗面横長

ひとつずつ凝ってますね。

洗面



キッチン道具は一通りそろっていて
コーヒー、紅茶などスタッフに頼めば作ってくれますし、
自分たちでも食事も作れるので、キッチン付きの宿泊はありがたいですね。


キッチン



食材は、スタッフに頼めばパサールなどで買ってきてもらえますし、
自分でパサールに買い物に行くのもよし

そうそう近くのタンパクシリンのパサールは毎日、
プジュンのパサールは3日毎に開いているそうです

タンパクシリン、テガラランにはスーパーがあり生活用品が買えます。

部屋から


ベッドルーム は2つあって、ソファベッドもあるので
 5人が泊まれます

 各部屋にテラスもバスルームもそれぞれあります


バスタブ

 
 バスタブには十分なお湯を入れて入浴できるそうです。
 シャワールームは別にあります。

部屋とバルコニー2

ベッドルームからバルコニーを眺めると心地のいい風が
柔らかな音を立てて吹き抜けていくのが見えました


部屋とバルコにー

24アールの広々した土地と景色の美しさ、風のさわやかさ、
そしてなによりも水の豊富さに惚れ込み、
Mさんはお家を作られたそうです。


この家をデザインしたのは、
かなり風変わりなオーストラリア人建築家マデ・ウィジィア氏

超高級ホテルの「アマンダリ」の建築デザインにも参加された人だとか

バリの豊かな自然を家に取りこんだ
自然と一体化するような彼のデザインには、多くのフアンがいます
美しい色彩も彼の特徴です


そういわれれば、美しい建築物は
決して自然より前に出ない、勝らない。
自然を敬って溶け込んでいるからこそ
厳かで美しいのですね


【カエルのお家もですが
「アジアの建築様式」とか「バリスタイル」などのインテリアや建築デザインの
写真集に出てくるような

完成されたセンスが隅々まで感じられ
住む人の知性も生き方も伝わってきます。


南国のアジアに住む外交官とか
ジャングルや野生動物の調査に来ている博士とか…
そんな設定の映画に出てくる、知的でカッコイイ主人公の住まいのようなイメージが膨らみました

もう~~ほんまに、かっこええねんから~~!



廊下左から

この廊下を結んで二つの部屋があります

廊下

この家に漂う懐かしさはなんだろう~~
と思っていましたが

この長い廊下が、時代劇に出てくるお城の廊下を思い起こさすのか
学校の廊下が蘇るのか

なんか分かりませんが、懐かしさと温かさがあります

景色

お家を見せてもらっている間、ため息が出るほど魅せられて、心底羨ましかったです。

バリに暮せて、こんなにバリと似合う家に住めて・・・私も一度泊まってみたい!


UMAH KATAK 

〈カエルのお家) の詳細情報です

・インターネットWifi  もあって、

宿泊料金は

「これだけの大きな一軒家が
えっ!ほんとう?安~~~い!」と驚きの価格です
 
〈近くの観光地とアクティビティ〉
◆グヌン・カウィ・スバトゥ(水のお寺)
◆ホーリー・ウォータ・スバトゥ(満月、新月にはバリ中から人が集まるパワー・スポットです)
◆ティルタ・エンプル(聖なる泉の湧き出る寺院)
◆グヌン・カウィ(先史時代の遺跡)、
◆棚田のスポット多数
◆タロ・エレファント・パークへのアクセスも近いです

興味のある方は是非「ラグラグ」までお問い合わせを



【2012/09/20 16:52】 | 未分類 | コメント(6)
<<デワの”あほらしい話”ですが… | ホーム | ちょっとでいいから住んでみたい…【カエルのお家】>>
コメント
うわぁぁぁぁ、素敵すぎますーーー。
私は、この長い廊下にうっとりです。
木の感じと、オレンジ゙色の灯りに惹かれます。
パサールへ買い物に行ったり、テラスでコーヒーを飲みながら本を読んだり、
ただぼーっとしたり、ヨガしたり・・・
こんな所で暮らすように滞在してみたいなぁ。
【2012/09/21 10:11】 URL | マチコ #klq26XPE[ 編集]
★マチコさん

 ねぇねぇねぇ~~~すてきでしょう♪
長い廊下って珍しいですよね。。
このレトロな雰囲気、調度品の一つ一つにも
センスの良さ。。。唸りますね

私の身の丈には大きすぎますが、
少しの間だけでも、ゆる~い時間を過ごしてみたいですね。


【2012/09/21 11:35】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
年末からお世話になります者です。
こちらの記事の、凄い素敵ですね!
もし両親を連れていく機会を今度得られたら、こういう所ならなんて素敵だろう…って妄想が進みました。
でもやっぱり一泊二泊じゃ駄目なんですよね?

アラムジワのチャンドラワシスイートで今までは考えてましたが、こちらに目が奪われました(*^^*)
【2012/09/22 08:52】 URL | tomoko #-[ 編集]
★tomokoさん

 こんにちは。
この家ステキでしょ!

一人では寂しいですがご両親とならいいですね。
1泊でも大丈夫ですよ。
オーナーさんも気に入って使ってくれる人があれば喜んでくださいます。
家もたくさんの人に愛してもらいたいと思っていますよ。
年末お会いできますね♪
【2012/09/22 09:27】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
素敵ですね~☆
こんなお家に、イケメンとともに、しばし暮らしたいです。むふふ~♪
【2012/09/26 16:50】 URL | ダリア #-[ 編集]
★ダリアさん

 おひさしぶり~~♪

イケメンと…!!
そういう発想もあったのですね
さすがダリアさん、ほくそえむダリアさんの顔思い描けるわ~~(笑)
【2012/09/27 09:59】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。