スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ニョマンの故郷『ヌサ・ペニダ』
以前「ラグラグ」で働いていた
「ニョマン」がオフィスに遊びに来ました
20070406215847.jpg
↑ニョマン

彼は
『ヌサ・ペニダ』出身です

『ヌサ・ペニダ』はバドゥン海峡を挟んで
バリ本島の南東部に浮かぶ島々の中でもっとも大きな島です(約200Km)

『ヌサ・ペニダ』
お隣の「レンボガン島」と並んで
美しいサンゴ礁、透明度の高い海、色とりどりの豊富な魚に恵まれ
ダイビングやシュノーケリングのポイントとして有名なのです
20070406215922.jpg


ニョマンが
「今度時間があるとき『ヌサ・ペニダ』へ一緒に行きませんか。
見せてあげたい、すご~~くきれいな場所があるんだけど…」

と誘ってくれました

「うん、行こう!行こう!
でもね、私何年か前に一度行ったことがあるんだけど…
あれから変わっているかな~」

「うん、多分少し…(言葉の雰囲気ではあまり変わっていないのかな…)
でも本当にすごくきれいな所があってね、
きっと観光で行っても分からない場所だし、
島の人達だって、あまり知らないと思うよ。
見せてあげたいなぁ~~」

「あっ、じゃあ絶対今度行くからね!
すごく楽しみにしているからね!」

と約束しました。


ちょっとここで『ヌサ・ペニダ』という島をガイドブック風に紹介しますと

昔はひとつの王国だったそうですが、
「クルンクン王国」との戦いに敗れ、
「クルンクン王国」の流刑地として使われていた
という歴史のあった島なのです。


隣の「レンボガン島」には
美味しくって、なかなかオシャレなレストランもあるし
リゾートホテルからお手ごろな
ロスメンまで
宿泊施設も充実しているのに比べ、
この『ヌサ・ペニダ』には殆ど観光客が寄り付かず、
ダイビングを楽しむダイバー達も沖合いで潜ることがあっても、
島に滞在する事は殆どないようです


また『ヌサ・ペニダ』の情報も少ないのです

どうもそのへんが”ひっかかります”どうしてだろう…?

それで数年前に行った『ヌサ・ペニダ』のことを思い出しました

実は『ヌサ・ペニダ』には2回行っているのですが、
最初の時、手違いで宿泊する事ができず、
泣く泣く日帰りで戻ってきました。


その後、再度計画立てて出発!
執念の『ヌサ・ペニダ』への旅です(以前行った時の話です…念のため)


ウブドから車で1時間半、
バリ東部最大の町「クルンクン」を通って
20070406215948.jpg
↑300年以上の歴史を誇る古都「クルンクン」の交差点には”ププタン記念碑”が建っています



更に海岸沿いを東へ行くと最初の村が塩田で有名な「クサンバ」>
…「クサンバ」の塩は”世界一おいしい自然塩”といわれています…


その「クサンバ」を通り越して更に東へ行くと
素朴な漁村「パダンバイ」があります
20070406222500.jpg
のどかな「パダンバイ」のビーチも魅力!

ここは、ロンボク島へのフェリーの発着場でもあり、
海外から多くのヨットがやってくる”国際ハーバー”でもあります
…税関もあるのですよ…
20070406220041.jpg



この「パダンバイ」から『ヌサ・ペニダ』へ渡る船が出ているのです


船賃は片道一人”9,000ルピア”(約135円)安い!
…今は値上がりして”20,000ルピア”だそうです…それでも安い!

バリ人ギュウギュウ詰め、
オンボロ船”ジュクン”でバドゥン海峡を渡ること、きっかり1時間。


以前、手違いで宿泊できなかった時は
ブノアから出ている大型船「クイックシルバー」
『ヌサ・ペニダ』へ行きましたが、
こちらはクルージング・ツアーですので船も豪華、
マリンスポーツなど豊富なツアーメニューがついているので
”85ドル”ほどしていました。
20070406220026.jpg
↑ディ・クルーズのちょい豪華船「クイックシルバー」


雲泥の差です
でもパダンバイからのコースの方が波は静か。
あの「クイックシルバー」で行った時は
ずーと船酔いでまったく動くことが出来ませんでした
今回は酔い止めを飲んで準備万端。


『ヌサ・ペニダ』の港サンバランに到着。


わぁ~~~、すご~~い!きれ~~~い!
20070406223434.jpg




続きます


いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪




【2007/04/06 22:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<その②こんなきれいな風景なのに!…『ヌサ・ペニダ』 | ホーム | その③森に棲む異界のものたち…モンキーフォレスト>>
コメント
バリの中で、ウブドよりも気に入ったのが
パダンバイでした。
そして、ヌサ・ペニダに行けることを知り、ぜひ行こうと宿の人に行き方を教えてもらったんですが、ちょうどお祭りの日で、そっちを見るのが楽しくて、けっきょくヌサ・ペニダには行けずじまいです。
ほんとにあのあたりはすばらしいですね。
観光客も少なくて最高でした。
【2007/04/07 03:03】 URL | スライム #-[ 編集]
ここの写真は和みますね。うまそうでない魚達が泳ぐ写真GJ!一緒に泳ぎたい!
そーいえば、パダンバイでいただいたバラクーダのカレーはうまかった。バラクーダって魚はシイラのことかしいら?なんて、おっさんですんません。昔そんな名のバンドもあった。バンドといえば、ニョマンはシックのナイル・ロジャースに似ている。
暇な土曜の午後なんで意味なくダラダラと失礼しました。
【2007/04/07 15:27】 URL | 近所の・・・・・・ #b318LpZM[ 編集]
★スライムさん

 そう「パダンバイ」といえば「スライム」さんを思い出しました。
お陰で今まで見過ごしていた「パダンバイ」がクルーズアップしましたよe-291
もう観光客のうじゃうじゃいる海岸は地元の人達まで”すれて”その土地の味わいがないですね
『ヌサペニダ』の話楽しみにしていてください


★近所の…さん

 えっ!海で魚と一緒に泳ぎたくなった?
いいですね!だんだん目覚めてきましたねv-281v-301
どうですか、今年こそは海の側でゴロゴロな~んて
『ニョマン』の顔もなかなか迫力ありますね。
ナイル・ロジャースでよかった!
私はてっきり「モンキーフォレスト」から飛び出してきた親玉かと…ゴメン!ニョマン!

 
【2007/04/07 17:35】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/42-a9a1d367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。