スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
聖なる泉”ティルタ・エンプル”で身を清める
ウブドから段々畑で有名なテガラランを通り抜け
曲がりくねった細い山道を入っていくと
「DEEP FOREST」の音楽がよく似合う
美しくのどかな渓谷や田園風景の続く道があります
20070518000542.jpg


山道を抜け出すと
広がる田園の向こうにはアグン山が姿を見せます
あちこちに花が咲き乱れ、きれいに整備された
「タンパクシリン」という町に出てきます
20070518000601.jpg



その村のはずれの森の中に
「聖なる泉の湧き出る」
”ティルタ・エンプル”という寺院があります


伝説によると

「マヤ・デナワ」という魔王が自分こそ神であると名乗り、
他の神を崇拝する事を禁じます。

このことが 「シバァの神」の耳に入り、
怒った神は「マヤ・デナワ」をやっつけるため
「インドラ神」をつかわしました

そこで魔王「マヤ・デナワ」は川に毒を流します
これを飲んだ「インドラ」の兵は壊滅
「インドラ神」は憤慨して大地に矢をはなち
不老不死の泉を湧き上がらせたのです

この泉が「ティルタ・エンプル」
兵士はこの水で甦り、
「インドラ神」とともに「マヤ・デナワ」を退治した、という話です


近くの渓谷に流れるペタス川は、
長い間「マヤ・デナワ」血が流れた呪われた川といわれ
水田に引く事を禁止されていました

この水で稲を育てると、
茎から血が吹き出るという言い伝えがあったそうです

20070518000652.jpg

神秘的な澄んだ薄青色の水が”ポコポコ”と湧き出て
細かい砂や小石が震えるように舞います


そんな池の底を眺め続けていると
その昔神々が降りてきて

荒れ狂った地球の始まりを鎮め
生命が誕生する清らかな世界を
この池のキャンパスに描いたのかもしれない…
そんな気がして…

寺院の外側には
聖なる泉を引いた出水口があって
今でも多くの人達が
悪い事が起こったり、悪い夢を見たりすると
聖なる水で身を清めに訪れます


20070518000739.jpg



以前ラグラグのスタッフだった
ネンガが自分の車を
知り合いのポリス(警察官)にレンタルしたらしいのです
(バリの人はサイドビジネスとして
自分の車を人に貸して、レンタル料を得る人が多いです)

そのポリスなんと!
ネンガの車を知り合いに又貸しして、
ちゃっかりレンタル料を手に入れていたのです、
そしてポリスから借りた「その人」
ネンガの車を持って
ジャカルタへ行ってしまって
帰ってこない 
という事が起こりました。

相手が警察官なのに、責任とってくれなくて
ネンガは毎日ため息ばかりで、全然仕事に身が入りません
20070518000803.jpg
↑ネンガの暗い顔



その少し前も「ねずみ講」みたいなのに引っかかって、
大損をしました

…私は「やめとき、そんなん絶対詐欺や
と強くとめたのですが

「いえいえ、友達は車3台も持てるようになったのです」
と信じて疑わないネンガ

「みんなそう言うの日本でも、そんな話いっぱいや
と何度も言ったのですが…ねぇ

ネンガという人は”いやしん坊の食いしん坊”
そんな貪欲な性格が災いしていると思いますが
20070518000845.jpg
↑根は底抜けに明るいんだけど…


…まあ、そんなことが重なり、いちおう気の毒なので
”聖なる水で清めようか”

…本当は性格清めた方がいいと思いますがね…

私とデサもお付き合いをして
夜、ここへ来て沐浴しました

真っ暗闇の中なのに、
先客が2組ほどいて、マントラを唱えながら沐浴しています

どうせ暗くて見えないだろうと、
その場で、服を脱ぎ身体にサルン(布)をまとって入水します
(ここではサルンを使います。普通の服や、水着は使えません)

夜という事もあり、
水が”ぶるっぶるっ~~”と冷た~~い

端から順々に聖なる水を頭から浴びて
清めていきます
2箇所だけ、死んだ人のための水の出水口があって、
それは使ってはダメなのです


気持ちのいいこと、いいこと!

どう表現したらいいのか,うまく言えませんが
…水の持つ透明感が
身体の中を通り抜けていくような感覚です


日頃の蓄積した汚れや、重荷が洗い流されたように
すがすがしく身体が軽くなっています


バリの人達が信じている
聖水を浴びれば”病気が治る”
”災いを追い出し清めてくれる”


「ティルタ・エンプル」を聖なる泉
とあがめるのが
分かる気がしました

バリは、いつも身近に
身を清めたり、
祈りを捧げたりできる場所があり
それを信じて多くの人達が訪れます
そして、その真剣な姿に、
心を打たれるのです



沐浴上の横の高台には、スカルノ前大統領が建てた宮殿があり、
現在は迎賓館になっています。

宮殿の上からは沐浴場がまる見えで、
スカルノはここから双眼鏡で女性の沐浴姿を眺め、
気に入った女性がいると使いを出して、呼びつけたという話は
有名で・・・

この”聖”なる場所でも”邪は常に隣り合わせ…なのですね





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪



【2007/05/18 00:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<不老不死の水のご利益… | ホーム | 「ワヤン」が、うじゃうじゃ…なんで?>>
コメント
「ワヤン」の記事読んで、ポチッと一回押したら、更新されたばかりのこの記事に変わった。
なんという偶然!幸運の一番乗りじゃ!
風呂上り直後だったから、もしや我が家の水道水、実は聖水だったのか?
お?さっき風呂場で蚊に刺され初め。
ありがたや~カイ~カイ~~~~
【2007/05/18 02:37】 URL | 近所の・・・・・・ #b318LpZM[ 編集]
★近所の…さん

 早いコメント、ありがとうございます!
まあ、すごい偶然ですね
近所の…さんが蚊にさされた頃
(新しい記事更新した後)
私も今年初ムカデを見つけ、金属棒で
”エイ、エイ、クソッ!e-281”とメッタ殺し、ましたe-291
【2007/05/18 10:48】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
いっちゃん!
大文字、小文字、色とりどりと、、カラフルポップでええ感じですがな!
ネンガの性格清めたらのとこで大笑いしましたわ^^)))))
表裏一体ってんでしょうか、善と悪は常に一緒にあるものなんでしょうね^^
【2007/05/18 11:53】 URL | バンバン #-[ 編集]
なつかしい、ネンガの暗い顔(^_^;)
あのネンガだからさぞかし回りに重い暗い空気を出してたんでしょうね(苦笑)

でも、今や二児の父ですから以前と違うかな?

それで車はどうなったんですか?
聖なる水の効力やいかに?

ラグラグさんの沐浴姿をスカルノ氏に見られなくてよかったですね、、きっとデビ夫人の次の妻に、、、、
【2007/05/18 17:41】 URL | benidori #-[ 編集]
★バンバンさん

 はい!少しずつ文字のバランス作りに慣れてきました。これもひとえに、いつも読んでくれている人がいるから、張合いも出ると言うわけです

ネンガも、「祈りゃあ、いい!」てなもんではないと思うけど…
バリの人は、ほんとシンプルや!

★benidoriさん
 
 やっぱり、よく知ってますね。
ネンガの「気分重~い、暗い~~!」を
あたりに毒撒き散らして
魔王「マヤ・デナワ」みたいなやつです。

ああ、その結末…ね、ベニドリさんは気になるんやね…車は戻ってきません。
ネンガも取り立て屋みたいに、警察官の家から
コンピューターとバイク持って帰ってきました。

「聖なる水」はお清めなので、願い事叶えたり、
問題解決してくれません…と思います…v-356

なんでもスカルノが産ませた子供が
私達の好きな連なる土産物屋のどこかの店を、やっているそうですよ。

 
【2007/05/18 23:28】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/52-a0c96597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。