スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
一千年前の世界に…”タイムスリップ”
”クボ・イワさん”の伝説の
悲しい結末に、気落ちした心を奮い立たせ、

山の谷間の岩壁に彫って創られた古代遺産
”グヌン・カウィ”の奥にもう少し入ってみます

パクリサン川の岸辺に辿り着くと
その横に7mの大きな岩肌に刻まれた
4つの大きな石の神殿がそびえています

20070610222758.jpg
↑ ”アナ・ウンス王”の4人の王妃のチャンディ


この王妃たちの墓は、岩の表面を切り出し、
あたかも1個の建造物のように造られています
それは世界的に有名な
インドの”アジャンタ遺跡”や”エローラ石窟”と同じ様式で
かなり完成度の高い芸術品だといわれています


それは、まだヒンズー教が広まる以前から
インドの影響がインドネシアに色濃くでていた事を示す
貴重な遺跡なのです。

もう少し離れたところに
5つのチャンディが彫られた「王家の陵墓」もあります

その周辺には仏教僧によって造られた修行庵があって
ここは履物を脱いで入らねばならない聖域

小さな狭い門をくぐると
そこはまるで石の時代を彷彿とさせる世界
20070610222922.jpg



ざらざらした、湿気の多い石床の上を素足で歩きます
靴を履きなれた私の足の裏と、
この湿った石とは、しっくりこなくて
なんだか落ち着きません


ワヤンが「ここで少し座って瞑想しましょう」て
お線香に火をつけます

岩の壁に囲まれた狭苦しい空間の
なんとも不安定な石の床に正座して
目を閉じていると、
はるか遠い昔
同じ場所で修行僧が心を静かに整えて
座っていた気が自分の中にも流れ込んでくるような
不思議な感覚がしてきます

20070610222949.jpg


上を見あげると、真っ青な空に白い雲が清らかに浮かんでいて
岩肌のコケの色合いと、その空の風景が
妙に、原始の時空をリアルに感じてしまうのです


時々お坊さんがやってきて、聖水をかけてくれます

1千年もの時を経て、岩に閉じ込めた雨や風の音が
そして、その時代に生きていた人達の息遣いが
閑散とした風景のなかから聴こえてくるようです

20070610222837.jpg



修行庵の小さな門を出てサンダルを履いた瞬間
タイムスリップした世界から戻ってきたようでした

もと来たあの長い階段を
”やっぱりきついわぁ~
フゥ~フゥ~ゼェーゼェー”

言いながらのぼっていると
男の子が、私の目の前に
竹細工のおもちゃを、そっと差し出してきました
みやげ物として売りたいのかと思ったら

20070610223023.jpg


うれしそうに
「お父さんに作ってもらったんだよ」って




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪


【2007/06/10 22:46】 | 未分類 | コメント(9)
<<”デワ”を探して!… | ホーム | 後編”クボ・イワさん”の伝説>>
コメント
いやーーーーv-238
かわいいですねー。この子。
嬉しかったんだろうなー。
この子の為に竹の馬作ったお父さんも
想像しちゃいました。
すごく微笑ましいですね。
【2007/06/11 19:55】 URL | しゃお #-[ 編集]
★しゃおさんへ

 しゃおさんも、子供やかわいいもの好きなんですね。
 「クボイワさん」の話が辛かったから、
この子とお父さんを想像して和みました
竹の馬も素朴でいいですよね
【2007/06/11 23:32】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
うわっ!私もここで瞑想したいです。私、この王妃の中の一人のような気がします。たぶん、右から2番目ですわ。写真見る前に頭に右から2番目って浮かびました。あ~N.Y行く前にやっぱりバリに行こうかな~!!!
【2007/06/12 01:01】 URL | モナコ王妃 #-[ 編集]
クボ・イワさんの結末は、なんとも悲しかったです。伝説とわかっていても、辛い結末ですね。
素足で歩く感覚、味わいたいです。
ひんやりとした石の感触、気持ちいいだろうなぁ。
こんなところで瞑想したら、普段のざわざわした気持ちもきっと落ち着きますね~。
【2007/06/12 10:30】 URL | マチコ #7y3BTtCA[ 編集]
★モナコ王妃さま

姫!やっぱりそう思いますか。
右から2番目…あなたの墓だったのですか!
”アナ・ウンス王”からメッセージがあります
右から2番目の姫の魂が浮遊して戻らないので、お連れして岩の中に閉じ込めるようにとのことですが、
…どうする?

★マチコさんへ

 「クボ・イワさん」の話、私が作者だったら
いい結末でお届けするんですが、
なんせ伝説なもんで、すんません!

以前重度のアレルギーを持って悩んでおられたお客さんが
ここで瞑想をして、”クボ・イワ”さんの村の滝に打たれるコースを体験されたのですが、
その直後「治った!」と喜んでおられました

でも日本に帰って3日程したら、
また元に戻ったそうですが…
私も「へぇ~~そんなことあるんだぁ~」
とびっくりしていました。
バリはそんな科学で証明できない事も
うじゃうじゃあるようですよ

楽しみになさってくださいi-185


 
【2007/06/12 18:30】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
オオ~、アナ・ウンス王様。ミンタマーフ。まだ、帰りませぬ。お寂しいでしょうが、残りの3人の王妃とよろしくやっていてくださいませ。
【2007/06/12 22:48】 URL | モナコ王妃 #-[ 編集]
はじめまして。マチコの夫です。僕も遊びに来てしまいました。
 こんな石造りの神秘的な場所で、目をとじて心を落ち着かせたらどんな想いが満ちてくるのかな。ん~ そういうのいいなぁ。
(ちょびおの由来は、買ってきたお菓子を何日もかけてちょっとずつ食べてたらマチコに付けられました)
【2007/06/13 19:09】 URL | ちょびお #-[ 編集]
★モナコ王妃さま

アナ・ウンス王って”ジョニーディップ”の前世の人だって、知っていました?それでも帰らへんの?

★ちょびおさん

 よこお越しくださいました。
とても喜んでおります。
”グヌンカウィ”は別名
『古代詩の山』なんかロマンチックな響きですね

仲のいいお二人とぴったりでしょ。
「ちょびお」さ♪、奥さんが愛情持って名付けられたのですねv-238
【2007/06/15 00:50】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
ええっーーーーー!!すぐ帰りますわ!
【2007/06/17 13:22】 URL | モナコ王妃 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。