スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
神様も”UFO”も通る道
前回の続きです

私と”シロ”が気持ちよく過している部屋を
韓国人のお客さんが10年契約で借りるかもしれないというので、
ゲェーーー!私の部屋がなくなる!
siro.jpg


宿のボスの息子であるマデ君を
なんとか味方に引き込もうと、必死な私は、
あの部屋が私にとって どんなに平和な時を与えてくれているのかを
熱く語ります

20070823194951.jpg
↑マデ君

するとマデ君

「貴方の部屋のうえは
モンキーフォレストのお寺と対峙したお寺とを
結んだ道ですから
そこは神様が通る道なのです
だから平和な気持ちを感じるんですよ」

…な~んて、すごい話をしてくれました

へぇ~~~~~!そうなんだ~~~!

それからマデ君は声をひそめて…

20070823190844.jpg
↑夜の私の部屋

「以前その部屋に泊まっていた人がね
夜中、部屋の前で大きな光の輪を見たのです
上からゆっくり降りてきたんだそうです



へぇ~~~~~!

それはUFOみたいなもので
円形の物体から”あなたの部屋に”放射状の光を放ち
スーッと消えたそうです」


目をまん丸にして話すマデ君

へぇ~~~~~~!エェーーーーーーー!

そこで私が数ケ月前に
私の部屋の前の庭から撮った夕刻の写真に
UFOみたいなのが写っている、と
軽い気持ちで言ったら

今度はマデ君

へぇ~~~~~~!エェーーーーーーーー!

その写真、私のパソコンにまだ入っているけど
見に来る?

見たいーー見たい!行きますーーーーーぅー
と飛んできました                    ↓この小さな光
20070823190902.jpg



その画像を見たマデ君
うあぁ~~~~!UFOだぁ~~~!
すごい!すごいーーーー!

UFO.jpg
↑拡大したら、こんなん…

見ながら、
「鳥肌がたってきました」と腕の逆立った毛を見せながら
身体を震わせているのです

「私の家族がきっと喜びます。
私は一度も見たことないけど、
これに出会う人は特別な人なんですよ」


予想以上に大興奮して帰って行きました

結構バリでは”こういう”不明な浮遊物体を
当たり前のように
「うん、見たよ。よく飛んでいるんだよ」

とまるで凧が浮かんでいるみたいに言うんだけどな…

その翌朝、早速ボスの「ババッ・ニョマン」さんが
また部屋の前をウロウロ…

「いや~~いつも押しかけてきて、すみません。
もし良かったら、時間があるときに話したい事があるのですが、
貴方が暇な時でいいのです…よ」
って
控えめな言葉とは裏腹に
いつもより、しっかり存在感を漂わせています
bos.jpg


「いえいえ、どうぞどうぞ」

ババッ・ニョマンさんは

「昨夜息子のマデから話を聞いたのですが…」

てっきり、画像を見せて欲しいのかと思ったら
お父さんまで興奮気味に

「私の宿で、そのような光を見たのが
あなただってこと、
私達家族はとても喜んでいるのです
大変光栄なんです…」


UFOぽい物を、私が見たという前提で話していますから

「…ちょ、ちょっと待ってください
私は、見てないのですよ。
写真撮ったら、
”それらしいものが写っていた”だけなんですから…
それだって、なにかのキズかもしれないし…」


と説明したのですが、
彼らはもう私を
「神様の光を見ることのできる”特別な人”」と信じているようです

…こまったなぁ~~~

それで、何を言うかと思ったら
「私達家族は、そんなあなたにこそ、
この部屋を使って頂きたい、と思っているのですよ。

もしあなたがこの部屋を好きだったら
その韓国人のお客さんが契約する前に、
あなたと契約を結べたら
私達は安心なのですが」


IMG_2073.jpg


意外な話の展開に唖然としている私

しかし…まてよ、てっな事は…
無料とまではいかなくても、破格の値段で私に使えということ…?

まるで”ニセ教祖”にでもなった気分で

…ホゥー、それで”いか程”なのじゃ~~?

値段を聞いて…!$\Rpёё$\

そんな甘い話はないわねぇ~~~!
…チャンチャン!

バリにあるもの、触れるもの、たくさん好きなものあります。
でも何だか、どんどん変わっていく姿に複雑な思いがします。

お金を持った外国人が、山や田んぼを切り崩して買っていきます。

自分の国では手が届かないような
環境の土地や家が割りと簡単に手に入るのですから

こうやって、どんどんバリが様変わりしていくのです

20070823190822.jpg


私の部屋だって、この場所だって
変わらない保証がないわけなんだから…
止める術を知らない私は、ただ悔しい思いで
あきらめるしか仕方がないのです

こうなればUFOを見たことになっている
教祖の念の力で、交渉を邪魔してやろうじゃないか



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪



【2007/08/23 19:46】 | 未分類 | コメント(3)
<<ご近所さんと、日傘を差した”猫” | ホーム | ここは”神様の通る道”>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/23 22:32】 | #[ 編集]
すごいすごいです!
UFO見れるなんて~!
連れてかれないでくださいね~。
うちのぶどうさんと
いつかバリへいきたいな~。
【2007/08/24 10:16】 URL | ヤキコ☆ #-[ 編集]
★ヤキコさん

神様もUFOに乗ってくるんですね

ぶどうちゃんとGO-YUさんご家族と
早くバリへ来て頂戴ね。
私の部屋への見学ツアー企画しますね
【2007/08/25 09:59】 URL | ラグラグから #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。