スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
200年前の大叙事詩『ラーマーヤナ物語』
 ここ何回か「バリの芸能」について書いていますが、
私自身えらそうに書くほど、「芸能や芸術」に詳しくないので、
あっちこっち調べながら書いています。
そして色々調べたり、軌跡をたどっていると
関連して興味深いことを知ることができました。
なんでも奥が深くって、知るということは面白いものです

今回のテーマ『ラーマーヤナ物語』も驚く事いっぱいです
この物語は、なんと!2000年以上も前に
インドの詩人ヴァール・ミキによって書かれた大叙事詩で

しかも
インドばかりでなくほぼアジア全域で語り継がれ、
アジアの人々にもに大きな影響を与えていることです

ramayana1.jpg



インドのエローラの石窟群にある
”神すらその美に打たれた”といわれる
カイラーサナータ寺院の天井や壁面は
「ラーマーヤナ物語」の場面を描いたモチーフに覆われています

…私もむ~かし、むかし行きましたよ「エローラ」に!
その頃はガイドの説明なんか何も聞かす、
やたら暑くて喉が渇いて、まるで苦行のごとく石窟群を廻っていました。
しかし「エローラ」の壮大さには度肝抜かれた記憶が…
20071026201244.jpg
↑インドの「エローラ」

カンボジアのアンコールワットや
ラオスのワット・ポーに、
ジョグジャカルタのプランバナン寺院
など
20071026200850.jpg


世界遺産の壁面に「ラーマーヤナ」の話が彫刻され
ramaya-na.jpg


タイの最も格式ある護国寺ワット・プラケオの回廊には数百メートルにわたって
ラーマーヤナ物語の壁画が描かれています、
20071026201430.jpg
↑ワット・プラケオの回廊に描かれた壁画


『西遊記』の孫悟空はラーマーヤナ物語の中で
活躍するハヌマーンをモデルにしているといわれているし

日本の『桃太郎』の原作は
私達に馴染みの「桃太朗」の話より
もっと
構成や舞台が『ラーマーヤナ物語』に似ているとかで
日本の民話にも大きな影響を与えたのですね

このように、『ラーマーヤナ物語』はインドのみならず
東南アジア全域に浸透していったのです
この物語が与えた文化的影響はきわめて広く深いということですね


さて「ケチャ」の中の「ラーマーヤナ物語」

「ラーマ王子」とその美しい妻「王妃のシータ」
「ラクシュマナ…ラーマ王子の弟」
3人の登場人物が森のなかに、から話は始まります
20071026201945.jpg



森の中で”金の鹿”が現れます
それを見た王妃シータは、ラーマ王子に 
「あの金の鹿を捕まえてください」と
頼むのです

実はその鹿は
以前から美しい王妃シータを自分の妻に欲しいと狙っていた
「悪の魔王…ラーワナ」
家来でもある呪術師を”金の鹿”に変身させたもので
王妃シータを森の外に誘い出し、誘拐するための作戦だったのです


ラーマ王子
王妃シータの安全を弟に任せ、
金の鹿を追い掛けて森の中へと入っていきます


しばらくすると
森の奥から叫び声が聞こえてきました

王妃シータ
「あの声はラーマ王子の声なのでは?…」
心配になったシータ
ラーマ王子の弟ラクシュマナに、王子を助けに行くように頼むのです
…しかしこの王子の叫び声も
魔王が
王子の弟王妃シータとを引き離すため
声を真似ておびき寄せる策略だったのです

それをなんとなく感じた
王子の弟は、「あの叫び声は兄の声ではない」と
王妃に訴えます
それに、
「兄からあなたを守るようにと言われているので
ここを離れるわけには行かない」
と断るのですが

心配する王妃の執拗な願いに負け、
王妃シータの回りに
「魔法のバリアー」を作り
「このバリアーから出ないで下さい」
と言い残し、森の中へラーマ王子を探しに行ったのです
…この王子の弟ラクシュマナ
「ラーマーヤナ物語」の第2の英雄です。
ラーマの弟として忠実に兄に従い、
家族の強い絆と忠誠を実行した人物として描かれています

またラーマは半神半人だったのに対して、
弟ラクシュマナは人間の子だったことからも
人々から身近な温かみのある人物像として広く親しまれています…


そこへ悪の魔王ラーワナがやってきますが
「魔法のバリアー」が破れないことを知った悪の魔王は、
自分の姿を哀れな老人に変え
「何日も飲まず食わずで死にそうなんじゃ…
水をいっぱい汲んできてもらえんかの~」
と、王妃シータに頼むのです

優しい王妃シータは、その老人に水を与えようと、
ウッカリと「魔法のバリアー」から出てしまいます

すると老人は悪の魔王の姿に戻り、
王妃をさらって、スリランカにある王宮に閉じ込めてしまいます
…この悪の魔王ラーワナには実は妹がいて、
この妹はラーマに恋をしていたのです、
しかしラーマに断られ、名誉を深く傷つけられたという恨みがありますので
兄のラーワナに、ラーマの妻シータを誘拐するように
たきつけたという、伏線もあるのです…


ラーマ王子の森の仲間「鳥のガルーダ」は、
悪の魔王王妃シータを誘拐したのを目撃し、
助け出そうと試みますが
魔王の剣に倒されてしまいます

ラーマ王子王妃シータがさらわれてしまった事を知り、
空を飛ぶ猿の英雄「ハヌマーン」 を呼び
シータの居所を探すように命じます
20071026202628.jpg
↑『ケチャ』のなかの「ハヌマーン」


そして不滅の愛と、ハヌマーンが味方であることを知らすため
王子の指輪をハヌマーンにたくすのです

その旅の途中、ラーマ王子は倒れた鳥のガルーダを見つけ、
「復活の魔法」をかけ、鳥のガルーダは元気になります

猿のハヌマーン魔王の宮殿を見つけ、
悪の魔王の見張りの目を盗み、王妃シータに会い、
「ラーマ王子の指輪」を「王子の愛の証」として渡し、
必ず助け出すことを伝えます

王妃シータは、ラーマ王子の愛を受け取った証拠として、、
自分の「指輪」をラーマ王子に渡すようハヌマーンに託します

ラーマ王子ハヌマーンと共に
王妃シータを助けるために、魔王の宮殿に

魔王とその家来達と壮絶な死闘を繰り広げ、
ついに悪の魔王を倒し、王妃シータと感動的な再会を果たしたのです

いっそう愛を深めた、ラーマ王子とシータ王妃
末永く幸せに暮らしました…
20071026202109.jpg
↑影絵に使われる「ラーマ王子」


といった物語が『ラーマヤナ物語』の一部です…実際はとっても長~~~いお話なのです…

しかし、めでたし、めでたしの前に
ちょっと挿話がありまして、
ラーマは自分が助けに行くまでの間に
妻が本当に魔王ラーワナの求愛を拒みとおしたのか、と
疑うんですね

そこでシータは「ムサティヤ」という炎の中に身を投じて証明すると宣言
さかまくる炎の中に飛び込んでいくと、
やけどひとつ負わず、美しい姿のまま再びあらわれました

バリではシータは、忠実で貞節な最高の理想女性像女性とされています

そしてめでたし、めでたしとなるわけで
sita.jpg
↑王妃シータ



バリ島の伝統舞踊である「ケチャダンス」
この『ラーマヤナ物語』を題材としています。
鑑賞前に物語のあらすじを知っておくと、より楽しめると思います。



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪




【2007/10/26 20:35】 | 未分類 | コメント(3)
<<出前で触れ合う”タガス村”のケチャ | ホーム | 「ケチャ・ダンス」で陶酔>>
コメント
なるほど♪
勉強になります☆
【2007/10/27 03:19】 URL | タク #2NFEem4w[ 編集]
こんにちは。
ご無沙汰しています。
ラーマヤナもこういう風に
かいつまんで話していただけると、
とてもわかりやすいですね。
いつ子さん、まとめるのすごく上手~。
【2007/10/27 12:05】 URL | しゃお #-[ 編集]
★タクさん

 コメントありがとうございました。
バリから発する事柄をたどって行くと、
奥深いものを知ることでき、私も勉強になります


★しゃおさん

 お久し振りです!
コメントありがとうございました。
「ラーマーヤナ物が立ち」はバリの人たちの
倫理の教科書みたいなものだそうです
昔の人は民話や神話から生き方を学んだのですね。
車お産、元気そうで♪安心しています
【2007/10/27 18:14】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。