スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
目に見えないものたちの世界
この世は目に見える世界だけではない

コマンの義父さんが
ヌガラからウブドへ出てこられました。
ヌガラからウブドまで車で片道3時間もかかります。

この間コマンから聞いた話を直接聞きたくて、
(まだ読まれていない方は
「コマンの怖かった話」を先ず読んでいただきたいです)

私は
「ババック(目上の男性に呼ぶ時の言葉)、
火の玉を見たんですって?」と尋ねてみました。

思慮深く正直そうな顔のババックは、
いつも穏やかな笑顔を向けてくれていますが、
私のこの話に、急に深く考えるような眼差しを向け、
丁寧に言葉を選んでいるようにゆっくり話し始めてくれました。

「ああ、あれね…。
この世には、人間だけではなく色んな生き物がいるんじゃ」
と話しだし、

「人間の世界にも様々な種類の人間がいるじゃろう。
いい人間もいれば悪いやつもいる。
それと同じように精霊の世界もあれば、
邪悪なレアックの世界も存在するのだ。

この世には目に見えるものも、目で見えないものある。
木とか森、家や、そらっ、そこにある机や椅子など
自分達に見えているものだけが存在しているのでは、
決してないのじゃ。

この世界と同じように見えないところに、
見えないものたちの世界があるのだ。
それらは強い力を持ったエネルギーで、
みるみる動き、変化してかたちや大きさを変えていく。
それがレアックの世界で、
すぐ傍に、あそこにもここにもいるのだ」
と、すこし声をひそめて、
私達の周りを目で静かに、指し示すように、
”こにもあそこにも”と。


自分達が遭遇したのは人間の下の世界のレアックだと言われました。
レアックは妖術を使って人を狂わせたり、
病におとしいれたりする邪悪な妖術使いなのだ、と言われています。

火は勿論、豚でも猿でもきれいな女の人にでも、
また木や建物など何にでも姿を変えることが出来るそうです。

ババックは(コマンの義父さん)
「レアック達は、ドリアンの匂いを好むらしく、
わしの庭で2回も出くわしたよ

姿を変えたレアックの火は、
ランプや普通の火のようなあたりを明るくする輝きはなく、
その色は邪悪な焔の赤だといわれました。

「その時怖かったですか?」と尋ねたら、
「いやぁ~、怖いもんかね。レアックは人間より下の生き物で、
そうやって時々出てきては人間を脅かすんじゃ。
そ奴たちと会ったときは、驚いたり、怖がったり逃げてはダメなんじゃ。
ネガティブを見せると、そいつらは人の中にはいってくるからのぅ。
邪魔をしてもいかん。
静かにいなくなるのを待つのがいいんだ」

更に義父さんの話は続きます

     ↓
    次回

20061210223152.jpg


”ポチッ”もヨロシク♪

【2006/12/10 22:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<レアックの世界 | ホーム | 子供天国>>
コメント
すごいワイルドな生き方ですねー。
バリでの生活か~・・・いいですねー
ただいまベトナム,ハノイからのコメントでした~
【2006/12/11 09:33】 URL | zin #-[ 編集]
Zinさんへ

 コメントありがとうございました。
パソコンの操作もワンパターンで、ろくなこともできないまま、
ブログ立ち上げちゃって、
毎日どこをどうすれば、コメント返事書けるんやろう?とパニックしてました。
遅くなってごめんなさい!
そちらにも遊びに行きます。
同じアジア仲間でよろしくです!
【2006/12/12 23:04】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
とても興味深い話でした。
まさにそうかもしれませんね。
ネガティブを見せると
それに漬け込まれ事態は悪化していく一方なのかも★
またきマース☆
【2006/12/13 21:01】 URL | まさやん #JalddpaA[ 編集]
☆またきマース☆さま

 コメントありがとうございます。
バリで私が気が付いた事は、
なんでもが”鏡のよう”です。
出したものは、そのまま戻ってくる気がします。
それは、どこにいても日常でも同じなのでしょうが、
バリで長く生きてきた人の語りには、
人生のヒントが埋まっています。
これからも、日本とは異なった、
おとぎの世界のようなバリを書いていきます。
励まし、頂いてありがとうございました。
【2006/12/14 09:55】 URL | ラグラグ:またきマース☆さま #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/29 22:24】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/8-f2588360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。