スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
可笑しくって、かわいいバリ人の「日本珍道中」
『タガス村のグヌン・ジャティ舞踏団歌舞団』は、
プロではありません。
「村の歌舞団」でありますが、
日本をはじめアメリカ、カナダやヨーロッパなど
数度にもわたる公演や
親バリ派としても名高いR・Stonesのミックジャガーに、
彼の結婚式に指名を受けるほどの実績を持っていて
音楽性・芸術性ともに、
非常に高い評価を世界的に得ていると言われてます。


ほぉ~~~!
それほど、すごい歌舞団の団長とはつゆ知らず…
というか、そういった力をまったく誇示せず
普通の気のいい、近所のおっちゃんという感じでおられるのが
すごい!ところです


人懐っこい笑顔、大きなお腹をゆっさゆっさ揺らしながら
冗談ばっかり言って、皆を笑わせ、
それで自分の”おやじギャグ”にまた大笑いする
全然飾らないランティルさん
私はすっかり彼の大フアンになりました
ランティルさんがラグラグのオフィスに遊びに来ると、
みんなでお腹を抱えて、笑いっぱなし
20071119212632.jpg



聞くと、
数えたらきりがないほど世界中を廻っておられました。

日本にも6回位来ているんですって
その時の話をいっぱいしてくれました

お百姓さんばかりのケチャダンスのメンバー16人を連れて
日本公演に行かれた時の話は、
おもしろかった!です

ここからはランティルさんが話された言葉を
関西弁で…やらせてもらいます

みんなバリで百姓しかしてへんから、
飛行機に乗るのは初めてのモンばっかりや

離陸する時皆で一斉に神妙な顔して神様に祈るんやで

それで飛行機の中が 
ガラガラに空いてる、ちゅうのに
真ん中のシートに皆でぎゅうぎゅうに横を詰めてな
固まって乗ってるんや…ハハハ
それ想像してみぃ、おかしいでぇ


…バリへ来た方なら、ご存知ですよね
バリの人たちは、男同士でも手を繋いだり
肩を抱き合ったり、べったりくっついて座っていたり、
バイクも男同士で後ろからぐっと腰に手を回して
身体を密着させて
楽しそうに笑いながら乗っているのも…ねぇ うん?

そんな光景を見て、

あれ~?あの人たちって…もしかして?

お客さんからも時々尋ねられます
「ねぇ~、バリの人って…ホモの人が多いのですか?」って

いえいえ、そうではなくって
そう!彼らはスキンシップが大好きなんです
男同士でも抱き合って寝ますからね…見たら、プゥ!ですよ
20071119212731.jpg
↑ラグラグの”ワヤン””ランティルさん”


そいでや、飛行機の中で
トイレに行く時も何人かで一緒に行くやろう
暫くして、乗務員に何か言われているので見に行ったら
トイレのドアを友達が持って開けたまま
もう一人が中で用をたしているんや
”どうしたんや?”と聞いたら

機内のトイレって、ドアを開いたらパッと電気がつくやろう?

そやから、閉めたらてっきり電気が消えると思ったみたいでな
暗なったら怖いもんやから
友達にドアが閉まらないように持ってもらって
開けたまま用をたしていたんやなぁ
スチュワーデスも苦笑いしとったわい…ハハハ

まあ無理ないわな~
みんな百姓で海外なんか始めてや
飛行機かて初めてのもんばかりやからなあ~

それにホテルかて泊まったことないもんばかりやろ
主催者側が用意してくれたホテルが、
これまた15階やがな。
高いがな~~

二人づつで部屋使うように
部屋用意してくれていたんやけど…
部屋見に行ったら、
びっくりしたがな!!
だ~れもおらへんねん



まあ、皆どこへ行ったのでしょう!
この話の続きは次回に!
すぐにアップしますので、ごめんなさ~~い




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪





【2007/11/19 23:46】 | 未分類 | コメント(8)
<<バリの巨匠が世界で一番好きなもの…? | ホーム | 鎮守の森のなかの”スバリ”と”スグリワ”>>
コメント
この歌舞団のお話、以前に聞いたことあるのに
続きを読みたくってワクワクするのはマジほんとに面白いも~んv-10
さて、彼らはいずこに~v-28
【2007/11/20 09:11】 URL | ベニドリ #-[ 編集]
★ベニドリさん

 次の話に勢いをつけてもらえるような
コメントありがとう!!

人の話し言葉を、文章にするのは難しくって…
乗せてもらえば、頑張れます!
【2007/11/20 17:16】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
バリ人の関西弁、大好きです。
関西弁を話すバリ人には、
ここでしか、出会えないですから、
とても楽しみなんです。

いつ子さんのブログに登場する
バリ人で、関西弁で喋らないのは、
ラグラグの社員だけですね。

私も通訳する時、
言葉を選ぶのに、いつも苦労するんです。
微妙なニュアンスを伝えたい時は、
特に頭を使います。
言い回しを自分の言葉にする時に、
一番しっくりくるのは、自分の母語にあたる、
方言だというのは、良く理解できますよ。

ところで、中国もそうなんですが、
男同士で肩を組んだり、手をつなぐのは
ちょー普通です。
日本人から見るとちょっとキモイですが、
マザコンは男女問わずだし、
スキンシップは多いし、
日本人が特殊なのでしょうかね。
【2007/11/21 00:29】 URL | しゃお #-[ 編集]
うぅぅ~、日本珍道中が気になる~。
いつ子さんのお話には、いつも引き込まれてワクワクします。

ワヤンさんの笑顔が懐かしいなぁ♪

【2007/11/21 17:14】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★しゃおさん

 こんにちは。お久し振り!のコメントで繋がってられて嬉しいですv-290

ランティルさんの雰囲気と彼の話し振りにには、
標準語がどうしても似合わなくって、
関西弁で吹き替えさせてもらいました。
吹き替えの役者は誰にしようか、なんてイメージも膨らませていましたが、適役がいなくて。。近いところで鶴瓶かな?

ワヤンの吹き替えは誰がいいですか?
…しゃおさん!

ほぉ~~中国でも、男同士手を繋ぐのですかe-263
コマンもすぐ手を繋いできますが、女同士はそうでもないけど、男同士が指からませて繋いでいると。。ちょっとe-420

★マチコさん
 
 こんにちは。コメントありがとうございます。
マチコさんとゲンさんが、読んでくれていると思うと、ワヤンの笑顔も載せようかな~と、
思って載せました!

やっぱり!反応してくれましたね!やったぁv-438
まだ、ワヤンの顔が薄れないうちに…です


 

【2007/11/21 18:25】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
「だ~れもおらへんねん」の答え

窓から落ちてしまうから怖くて部屋におれなかった。
そこで誰かの部屋のバスルームにみんな寄り集まってガマンしてた

似たようなことがありました。
僕のジジー(父です)を連れて台湾の渓谷にあるホテルに泊まったときのこと。朝、起こしに行くと姿がみえません。それこそ、バスルームも覗いたのですが。 ふと気がつくとカーテンがふくらんでいるのです。声をかけると、カーテンの陰に座って、窓の外に広がる谷川の朝景色を眺めていたそうです。 都会の騒々しい生活からまったく違う環境に放り込まれて、変な行動(本人にとってはしごくまともらしい)をとってしまったのです。
カメラを抱えてカーテンの陰から出てきたジジーに
「ええ写真とれたか~?」

みんなを見つけたランティルさんの言葉はどうだったのでしょうか。
【2007/11/22 21:02】 URL | よし #mQop/nM.[ 編集]
分かりました!みんな同じ部屋に固まって 寐たのでしょう!以前に ホテルで 一部屋に15人ぐらい雑魚寝しているインド系の旅行者を見たことがあります。びっくりしましたよ。

まだ 釜山ですよ。でも今週末は 少し帰りま
す。でも 年内は 釜山予定です。
【2007/11/23 10:48】 URL | GO-YU #-[ 編集]
★よしさん

 すごいですね。読みが深い!
落ち着かない場所をあてがわれた者が、
とる行動、よくご存知で!

文面から、いつもご両親を気遣ってられル優しい気持ちが感じ取れます。

 
★GO-YUさん

 ビンゴ!v-81
「バリ島3泊5日の旅にご招待!」v-233…したいくらいです

インド系の旅行社が5人雑寝!
それGO-YUさんのホテルでなの?
同じ行動パターンをとるのですね。
とても興味深い現象ですね。

釜山を行ったり来たり,というより
殆どそちらなのですね。
だんだん必要不可欠な存在になってきたのでしょ?

【2007/11/24 00:03】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。